屋内型トランクルームとは?特徴も解説します。

 

屋内型トランクルームとは

 

屋内型トランクルームとは「ビルなどの建物の屋内で収納スペースを利用できる」ものです。
屋外型コンテナボックスとは異なり、ビル一棟、またはワンフロアが収納スペースになっています。

例えば、このようにビルの中に収納スペースがある物が屋内型トランクルームです。

 

 

屋内型トランクルームには大きく2種類あります。

ビル一棟型

 

ビル一棟がトランクルームになっているタイプです。
ビルそのものがトランクルームのためにあるので、防犯カメラや警備システムの導入などセキュリティ面もバッチリです。

代表的な企業には「キュラーズ」があります。

ビル1フロア型

ビルの1フロアが屋内型トランクルームになっているタイプです。
ビルなどの1フロアだけに入っているので、郊外にも店舗数が多いことが特徴です。

代表的な企業には「ハローストレージ」があります。

 

屋内型トランクルームの利用について

 

利用手順

屋内型トランクルームの利用の手順

屋内型トランクルームは「自分で運んで、収納し、出し入れする」必要があります。

まずお申し込みをした後に収納する荷物を選び、車などに積込みます。

そして、車でトランクルームの店舗まで運搬します。

次に収納して終わりです。
必要な物だけ必要な時に取出せるので大変便利です。

荷物の出し入れが面倒な方は、郵送型のトランクルームを利用されることもおすすめです。

注意点

屋内型トランクルームは屋内にあることから利用上の注意点もあります。

  • ビルに入らない物は収納できない
  • 重い荷物の運搬が難しい

屋内型トランクルームではビルに入らないサイズの収納ができません。

また重い荷物の運搬が難しいです。
店舗によっては駐車場から店舗まで離れていることがあります。
台車を貸してくれたり、エレベーターが付いていたりとしますが、車を横付けできる屋外型コンテナと比較すると運搬は大変です。

 

屋内型トランクルームの良いところと悪いところ

良いところ

屋内型トランクルームの良いところは

  • 防犯面やセキュリティ面が安全なので安心して利用できる
  • 空調や湿度管理がされている店舗が多い
  • 小型のロッカータイプの収納スペースもある

というところです。

ビル内部にあるため防犯カメラやセキュリティカードを使った入退場管理、スタッフの巡回など屋外型コンテナと比較すると防犯面が安心です。
キュラーズなどでは自分の契約フロア以外の移動ができないため、他店よりもさらにセキュリティ対策は厳しくなっています。

また空調管理ができることも魅力です。
カビやすいものや結露が心配な収納物は屋内型トランクルームの方が安心して利用できます。
屋外型コンテナでは通気孔が付いていますが、どこまで対策ができるかは天候にも影響されます。
一方、屋内型は温度や湿度の管理がされている店舗があり、このカビや結露面では安心できます。

最後に、屋内型トランクルームは店舗によって小型ロッカータイプの収納スペースがあります。
そのため屋外型コンテナほどのスペースが不要な方にとって利用しやすくおすすめです。
「小物を収納したい」「ちょっとした収納をしたい」というニーズも拾ってくれるのが屋内型トランクルームの良いところです。

 

悪いところ

一方、屋内型トランクルームには悪いところもあります。

  • ビルに入らない大型の荷物は持ち込めない
  • 駐車場からトランクルームまで距離があり不便
  • 月間使用料金の他にも費用がかかる

屋内型トランクルームはビルの入り口が小さく、ベッドなどの大きな荷物が入らない店舗があります。
大体人が1人入れる大きさであることが一般的なので、横幅と高さが大きいと搬入ができないことがあるのです。

また駐車場からビル内部まで距離がある店舗もあり、重い荷物の運搬が不便です。
重い物を収納されたい場合は、その店舗の駐車場からビルの入り口まで近いのかどうかも合わせて確認しておくと良いです。

そして、月額使用料以外に「管理費」などが掛かることがありやや高額になります。
またセキュリティカード料金などの支払いが必要なこともあり、防犯面が安心な分だけ諸費用がかかることも合わせて覚えておきましょう。

 

屋内型トランクルームはどんな人に向いている?

屋内型トランクルームが向いている人は、

  • 小型の収納をしたい方
  • 防犯面の不安がある方
  • カビやすい、結露の心配がある方

です。

上記で説明したように屋内型トランクルームには「小型ロッカー」を併設している店舗があります。
これはアクセサリーやちょっとした本など小型の収納を考えている方には便利です。
必要以上な大きな収納スペースを契約しないで済むので、月間利用料金などが安く済みます。

また屋内型トランクルームは建物内部に入っているため、屋外型よりもセキュリティがしっかりとしています。
防犯カメラはもちろんスタッフ巡回、入退場記録の管理、警備システムなど収納スペースの契約では最も安心できるものだと言えます。
そのため防犯面が心配な方には屋内型トランクルームがおすすめです。

そして、カビやすい物や結露が心配な物の収納にも屋内型トランクルームは向いています。
湿度管理や空調が付いていることもあり、屋外型コンテナよりも対策が進んでいます。
収納物の結露やカビが心配な方は、中でも「キュラーズ」のように湿度管理がされている店舗を選ばれると良いでしょう。

 

屋内型トランクルームの代表的なサービス

代表的な屋内型トランクルームサービスについて紹介します。

キュラーズ

 

キュラーズはビル1棟が屋内型トランクルームとして利用できることでも人気の企業です。

特にセキュリティ面がしっかりとしており、スタッフの常駐や巡回・利用者の入退場管理・契約フロア以外の移動禁止・全館セキュリティカメラの導入など利用者が安心して利用できる仕組みが完成しています。

また湿度管理を徹底しており、湿度60%以下に設定してカビの発生を防止するようにしています。
湿度の制限値を超えると本部に連絡が入る仕組みなので、カビや結露の心配はほぼありません。
特にカビの心配がある収納物も保管できるので、楽器や本などの収納にも向いています。

ただ一部地域では店舗が少ないので、まずは自宅近くに店舗があるかどうか確認されることをおすすめします。

 

REISEBOX

 

「REISEBOX」は東京や関西圏を中心に展開する屋内型トランクルームです。
都市部や郊外では店舗が多く、自宅近くで店舗が見つかる方も多いはずです。

料金が他社よりも安めで更新料や管理料が不要なので、その分安く利用できます。
また建物が収納専用になっているので、入館時のセキュリティシステムなど警備システムもしっかりとしています。

 

ハローストレージ

 

ハローストレージは屋外型コンテナや屋内型トランクルームを運営している収納サービスです。
店舗数が多く都市部に集中していますが、郊外にも進出してきており、住宅街にお住まいの方でも使いやすくなってきています。

最安500円近くの月額料金金のロッカータイプもあり、小さい収納物の保管にも向いています。
店舗数が多いので、キュラーズとともにまず自宅近くの店舗を確認しておきたいサービスです。

 

またweb見学もできるのでこれから収納を考えている方は参考にしてください。

web見学