収納する物別のコンテナボックス・レンタルトランクルームのおすすめを紹介します。

 

「私が預けたい物がコンテナとトランクルームどちらが良いのかわからない!」
「レンタルトランクルームのどのサービスがおすすめかわからない!」

という方向けに、【預け入れる物別のおすすめサービス】を紹介します。

預け入れる物は「カビやすいもの・盗まれやすい物・少量の収納スペースで済む物」とそれぞれ特徴があります。

それらの特徴を踏まえたうえで収納サービスを選ばないと、「預けた物がカビてしまったり」「値段を多く払ってしまったり」します。

 

そういったことを防ぐためにも預け入れる物別に紹介しているので、これからサービスを利用される方は参考にご覧下さい。

収納する物別のレンタルコンテナ・トランクルームのおすすめ早見表!

預け入れる物別の「おすすめのサービス」と「向いている収納方法」です。

おすすめのサービス 向いている収納方法
タンス/家具 ハローストレージ/ドットRコンテナ/SpacePlus 屋外型(一部屋内型も)
ベビーカー/三輪車 ハローストレージ/ドットRコンテナ/SpacePlus 屋外型
バーベキュー・アウトドアグッズ ハローストレージ/ドットRコンテナ/SpacePlus 屋外型
バイク/高級自転車 ハローストレージ 屋外型
会社の工具/建築資材 ハローストレージ/ドットRコンテナ/SpacePlus 屋外型
家電製品(電子レンジ/テレビ/パソコン/炊飯器/扇風機/オイルヒーターなど) REISEBOX/キュラーズ 屋内型
ファッション用品(ブーツ/コート/アウター) キュラーズ/TRUNK/サマリーポケット/MONOLESS/AIR TRUNK 屋内型/屋内型郵送型
書籍(本/雑誌/漫画) TRUNK/サマリーポケット/MONOLESS 屋内型/屋内型郵送型
アクセサリー(指輪/ネックレスなど) ハローストレージ/キュラーズ/REISEBOX/ 屋内型/屋内型郵送型
楽器(バイオリン/ギター/フルートなど) キュラーズ 屋内型
季節・年中行事品(クリスマスツリー/雛壇など) キュラーズ 屋内型
写真や卒業アルバム/CD/DVD キュラーズ/サマリーポケット(エコノミープラン) 屋内型/屋内型郵送型
趣味のコレクション/人形/模型/フィギュア キュラーズ/TRUNK/AIR TRUNK 屋内型/屋内型郵送型
高級ブランド品 キュラーズ/TRUNK/サマリーポケット/AIR TRUNK 屋内型/屋内型郵送型
企業の資料や書類 REISEBOX/キュラーズ 屋内型
商品在庫の保管 REISEBOX/キュラーズ/ハローストレージ 屋内型(一部屋外可)

預け入れる物の特徴からこの表のように収納されることがおすすめです。

ちなみに屋内型や屋外型が分からない方はこちらも軽く目を通されることをおすすめします。

こちら ⇒  【屋内型トランクルームと屋外型コンテナ】の抑えておきたい6つの違いを紹介

 

屋外型コンテナがおすすめの物

ハローストレージの屋外型コンテナボックス

屋外型コンテナは郊外や住宅街に多い大型の収納スペースです。
バイクやアウトドアグッズ、ベビーカーなど大きな物の収納に向いています。

大きなタンスや家具は「屋外型」がおすすめ

大きなタンスや家具は屋外型のコンテナで保管されることがおすすめです。

理由としては、「屋内型のビルに入らないことがあるから」です。

タンスや大きな家具はビル等の屋内には運べないことがあり、屋外型を選択する必要があります。

屋内型のビルの入り口は、扉がほとんどです。
この扉が一般的な家庭のドア程度の大きさなので、大きい家具は搬入できません。

もちろん傾ければ入らないわけではありませんが、「幅」「奥行き」が大きいと運搬が困難です。
また契約しているトランクルームが2階,3階だとエレベーターを使ってフロアに行くためこれも出し入れが大変です。

これらを防ぐには「屋外型の入り口が大きいコンテナ」を借りることがおすすめです。
これなら車で横付けすることもでき運びやすい他、入り口が大きいので運搬も非常に簡単です。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「ハローストレージ/ドットRコンテナ/SpacePlus」などです。
屋外型コンテナ全般的に利用できますが、重い荷物はできるかぎり1階フロアのコンテナを契約されることをおすすめします。
ただ小さい家具やタンスであれば屋内型でも問題ありません。

 

ベビーカー、三輪車などは「屋外型」がおすすめ

ベビーカーや三輪車など赤ちゃんの必需品、子供の遊び道具は屋外型での収納がおすすめです。

理由としては、「温度変化に強く、屋外保存で充分な物だから」です。

ベビーカーや三輪車などは元々屋外で使うことも多く汚れが気にならないこと、また温度や湿度の変化にも強いので屋外型のコンテナなどで十分です。
どちらかというと屋内型でなくても充分な物と言えます。

またベビーカーや三輪車の重さや大きさから言えば、屋外型のコンテナの方が車を横付け出来るので運搬が楽です。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「ハローストレージ/ドットRコンテナ/SpacePlus」などです。
ベビーカーや三輪車などは温度変化にも強いので、ご自宅に近いコンテナがあれば他の企業でも良いでしょう。

 

アウトドアグッズは「屋外型」がおすすめ

アウトドアグッズは屋外型での収納がおすすめです。

理由としては、「屋外型の方が車で運搬が便利だから」です。

アウトドア時には自動車を利用されることも多いので、アウトドアをする前に屋外型のコンテナに車を横付けして荷物を持って行くという方法が便利です。

屋内型ではセキュリティが厳しいとビルに入り、セキュリティカードをかざしてエレベーターに乗り、台車でアウトドアグッズを運んでセキュリティカードで退出、車に搬入と手間がかかります。

これなら屋外型に収納した方が楽です。

特にアウトドアグッズはテントなどの大きい物やコンロなどの重い物が多いので、屋外型でも1階のコンテナを利用されることがおすすめです。
一部コンテナには2階もありますが、こちらは足場が不安定で上記のような物の出し入れがやや危険です。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「ハローストレージ/ドットRコンテナ/SpacePlus」です。
こちらも自宅近くに保管できるコンテナがあれば、そちらでも問題ないでしょう。
ただアウトドアグッズはスペースを必要とするので料金が高くなる傾向があります。
複数コンテナの候補を出して値段を比較された上で選ばれる方が良いです。

 

普段使わない「釣り道具」「アウトドアグッズ」「BBQセット」の保管場所にはレンタルコンテナがおすすめです。
「サビキ釣りが趣味だけど、家にクーラーボックスや竿の保管場所が無い」 「夏にしか使わないBBQセット、どっか置くとこないかな〜」 と困っていませんか? 自宅での収納に意外と邪魔になる物がこの「釣具」「アウトドアグッズ」です。 ...

 

バイクや高級自転車は「屋外型」がおすすめ

バイクや高級自転車は屋外型での収納がおすすめです。

この理由としては、「専用のガレージがあるから」です。

屋外型コンテナには従来のように家具や小物を収納できるスペースの他、バイクを収納できるスペースもあります。

バイクや自転車をお持ちの方には「盗難」「イタズラ」が心配な方が多いと思いますが、専用ガレージで収納されることをおすすめします。

おすすめの業者は「ハローストレージ」

おすすめの業者は「ハローストレージ」です。
バイク専用ガレージがあり、収納にはハローストレージがおすすめです。

 

工具や会社の資材は「屋外型」がおすすめ

工具や会社で利用する資材の収納には屋外型のコンテナがおすすめです。

理由としては、「温度湿度に強く、屋外型の方が運搬に便利だから」です。

屋外型コンテナであれば軽自動車やトラックもコンテナの横に付けて、工具や資材を収納・搬出することが簡単です。

屋内型はセキュリティが厳しいこともあり、入退場の際にセキュリティカードをかざしたり何かと不便です。
その分、安心して利用ができるのですが頻繁に利用する工具や資材などの収納には向いていません。

できれば屋外型のコンテナで収納されることをおすすめします。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「ハローストレージ/ドットRコンテナ/SpacePlus」などです。
ご自宅や職場、現場近くに安いコンテナがあれば、そちらと契約されるといいでしょう。

 

【屋内型】トランクルームがおすすめの物

 

 

倉庫

屋内型トランクルームはビルの全フロアやワンフロアに入っている収納サービスです。
小型の物から大型の物まで収納でき、温度や湿度が管理されているためカビやすい物も預けられます。

電子レンジや炊飯器、パソコン・扇風機・オイルヒーターなど家電製品は「屋内型」がおすすめ

パソコン

電子レンジやパソコンなどの家電製品の収納には屋内型のトランクルームがおすすめです。

理由としては、「家電製品の汚れの心配が少ないから」です。

屋外型は車を横付け出来るので搬出入が簡単ですが、屋外保存なので汚れや衛生面が気になります。
コンテナには通気孔が付いていますが、湿度などの管理がされていません。

家電製品は電子レンジや炊飯器など飲食に関わる家電製品であれば、屋内で保管する方が衛生面としても安心です。

できれば屋内型のトランクルームを利用されることをおすすめします。

特に「温度・湿度が一定に保たれるように管理されているトランクルーム」がおすすめです。
一部屋内型のトランクルームでは、空調が無い場所もあるので屋内型ならどこでも良いわけではなく「温度湿度管理」がされている店舗を選びましょう。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「キュラーズ」です。
「キュラーズ」はビル内部の温度や湿度を一定に保っています。
家電製品は日本の温度や湿度などに強く作られていますが、機能不良などの心配もなく収納することができます。
郵送型では配送中のトラブルが心配になるのでおすすめできません。

 

冬物のコートやマフラー、ブーツなどは「屋内型」がおすすめ

季節物のコートやマフラー、ブーツ等のファッション類は屋内型の収納がおすすめです。

理由としては、「ファッション類は温度や湿度の管理が必要だから」です。

屋内型トランクルームでは「温度湿度が管理」「空調設備あり」と衣類でも収納できる環境が整っています。
衣類などファッション製品は「カビ」が問題になるので、この対策ができている屋内型トランクルームに収納されることが最適です。

一方、屋外型のコンテナなどでは内部の温度が外気+-5℃程度になる他、湿度の管理ができません。
通気孔が設置されていることもありますが、衣類などは湿度の影響を受けやすいので屋外型コンテナでの収納は不向きです。

 

しかし、屋内型トランクルームならどこでも良いわけでは有りません。
屋内型でも空調があっても湿度管理がされていないこともあり、カビ対策が不十分です。

そのため衣類等のファッション類は特に「温度や湿度が管理されているトランクルーム」を選ばれることがおすすめです。
カビ臭さやカビを防ぐには、湿度や温度管理がされているところを選びましょう。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「キュラーズ/TRUNK/サマリーポケット/MONOLESS/AIR TRUNK」です。
「キュラーズ」は屋内型のトランクルームで、温度や湿度の管理がされておりカビや結露の心配が少なく安心して預けられます。
こちらは自分で車で運搬する必要がありますが、出し入れがその日のうちにできる(郵送の時間ロスが無い)ので、すぐに使いたい時に取り出せるメリットがあります。

または屋内郵送型の「TRUNK/サマリーポケット/MONOLESS/AIR TRUNK」もおすすめです。
「TRUNK/サマリーポケット/MONOLESS」は月額500円程度からの利用が可能で、「AIR TRUNK」は費用が高めですが、洋服のクリーニングサービスなどオプションサービスが豊富です。
こちらは配送の時間があるので、取り出してから自宅に届くまで時間がかかることがデメリットです。

 

書籍や雑誌、漫画などの書籍は「屋内型」がおすすめ

本や雑誌などの書籍類

書籍や雑誌、本や漫画などの収納には屋内型トランクルームがおすすめです。

理由としては、「屋内型には小型の収納ロッカーがあるから」です。

どれだけ収納されるかにも関係しますが、屋内型トランクルームには小型の収納ロッカーがあります。
これは面積も小さく小型なので非常に格安で収納できるので、本や漫画・書籍だけを収納されたい方には大変経済的で便利です。

 

一方、大量の書籍や漫画・雑誌などを収納されたい方にも「屋内型トランクルーム」が向いています。

本や書籍は保管状態が悪いと「痛み」が激しくなり、カビが繁殖してきます。
そうすると本や漫画などの資産価値が落ちてしまいますし、ページがカビなどで汚れて読むことも難しくなります。

特に、本や漫画などの書籍を少数収納されたい方は「小型の収納ロッカーの有無」「湿度管理」があるかどうかを確認しましょう。
また大量に保管されたい方は「湿度管理」がされているか確認しましょう。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「TRUNK/サマリーポケット/MONOLESS」です。
月額500円程度から利用できるので屋内型トランクルームより格安です。
また書籍は冊数が多くなると重くなるため持ち運びが不便ですが、自宅まで集荷に来てくれて必要な時に取り出しをすれば良いので利用者の方も大変楽です。

特に「サマリーポケット」のブックスプランはタイトルや作者情報を表示してくれるので、どの本を預けているかわかりやすいためおすすめです。

 

本や雑誌・アルバムなどの書籍の保管には「収納サービス」がおすすめです。
本や雑誌・卒業アルバムなどの書籍の保管には「収納サービス」がおすすめです。

 

指輪やネックレスなどのアクセサリー類は「屋内型」がおすすめ

指輪やネックレスなどのアクセサリー類の保管は屋内型トランクルームがおすすめです。

理由としては、「セキュリティがしっかりとしているから」です。

指輪やネックレスなどのアクセサリー類は高価な製品です。
こういったものは屋外型コンテナよりも屋内型トランクルームの方が安心です。

屋外型は夜間はLEDライトが点灯し、防犯カメラも稼働しています。
しかし、コンテナの壁を挟んでほぼ屋外にむき出しになっている状態ですから、大事なものを保管するにはやはり心配です。

一方、屋内型トランクルームでは「スタッフの常駐」や「セキュリティカードでの認証」「防犯カメラでの記録」などビル屋内にあることの利点が防犯面で活かされています。

高級な指輪やアクセサリーなどの保管には「防犯面」が大事です。

特におすすめは「防犯面がしっかりとしている屋内型」です。
「スタッフの常駐」や「防犯カメラの有無」などその企業がどれだけセキュリティ面に気をつけているかを確認しておきましょう。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「ハローストレージ/キュラーズ/REISEBOX」です。
キュラーズでは、防犯面がしっかりとしており「入場時のセキュリティカード認証」「契約ルームの有る階層以外への移動禁止」「退場時のカード記録」など豊富で安心です。
また小物を収納できるロッカーがあることもおすすめの理由です。

 

バイオリン、フルートなどの楽器は「屋内型」がおすすめ

バイオリンやフルートなどの楽器は屋内型のトランクルームがおすすめです。

理由としては、「温度湿度が管理されているのでカビの心配がないから」です。

屋内型は温度や湿度の管理がされている店舗があり、楽器の保管に向いています。
また屋内型はビルなど建物の内部にあるため、セキュリティ対策や防犯面では安心して利用できます。

一方、屋外型は湿度管理がされていない場合が多く、結露やカビの心配があります。
また屋外なので盗難などの防犯面の不安があります。

特に屋内型の「湿度や温度管理がされている店舗」を選ぶようにしましょう。
屋内型と言っても湿度や温度管理がされていない所もありますから、カビ対策ができている店舗を選ばれると良いでしょう。

 

おすすめの業者は

おすすめの業者は「キュラーズ」です。
楽器は保管状況が重要なので、温度や湿度の管理をしないと楽器が痛んだりカビの原因にもなります。
屋内型のトランクルームでも特に「結露対策・温度湿度管理」がされている2つの屋内型トランクルームを選ぶことがおすすめです。

楽器は破損が心配なので郵送型のトランクルームはおすすめできません。

 

ギターやバイオリン・トランペット・キーボードなど楽器の保管にはレンタル収納サービスが便利です。
「ドラムの置き場が自宅にない!」 「ギターを収納する場所がない」 と困っていませんか? 楽器は収納場所を多く必要とするので、自宅に保管されると意外と邪魔になります。 しかし、だからと言って思い出のギターや高額な楽...

 

季節行事用品は「屋内型」がおすすめ

七五三やひな祭りの雛人形、鯉のぼりなど季節・年中行事用品の保管には「屋内型トランクルーム」がおすすめです。

理由としては、「カビの心配が少ないこと」です。

屋内型の一部店舗では湿度や温度を一定に保つように管理されています。
そのため結露やカビなどには強く、カビやすい物の保管収納には向いています。

一方、屋外型では結露などによってカビが繁殖しやすいという問題があります。
除湿剤なども利用できますが、どれほど防げるかについては何とも言えます。
特に雛人形や鯉のぼりがカビ臭くなってしまうと、非常に残念ですよね。
子供や孫の成長を祝い願うための物が汚れてしまうと縁起も良く有りません。

 

特に屋内型の「湿度温度管理」がされているトランクルームを選ばれることをおすすめします。
一部屋内型のトランクルームでは、常温管理になっていると店舗もあるのでこの点は確認しておきましょう。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「キュラーズ」です。
雛壇や鯉のぼりなど特に布が素材に使われている物はカビやすいので、結露対策や温度湿度管理がされている屋内型トランクルームがおすすめです。

 

写真・アルバム・CD/DVDは「屋内型」がおすすめ

CDやレコード/DVD

写真やアルバム、CD/DVDなどの保管は屋内型トランクルームがおすすめです。

理由としては、「カビの心配が少ないこと・小型の収納ロッカーがあること」です。

屋内型は温度や湿度が管理されているのでカビの対策が万全です。
また格安の小型の収納ロッカーもあるので、写真やアルバム・CD/DVDだけの利用の方の場合はこちらの方が安く利用できます。

一方、屋外型は温度は外気+-5℃程度で抑えられますが、湿度が問題です。
通気孔がありますが、場合によっては除湿剤などが必要になるように湿度対策は万全とは言えません。
また屋外型コンテナは収納サイズが大きい物が多く、小さなアルバムや写真などだけの収納には向きません。

ですから、アルバムや写真などの収納を考えると屋内型トランクルームがおすすめです。

特に屋内型の「湿度管理がされている店舗」や少数の収納の場合は「小型収納ロッカー」がある店舗を選ぶと良いでしょう。

 

おすすめの業者は

おすすめの業者は「キュラーズ/サマリーポケット(エコノミープラン)」です。
「キュラーズ」は温度や湿度の管理がされており、カビ対策がしっかりとしています。
またロッカータイプの小型の収納スペースもあり、少量の収納にも便利です。

「サマリーポケット」は郵送型の屋内型トランクルームです。
特にエコノミープランは格安でダンボール1箱分を預けられるので、近くにトランクルームがなくても利用できます。
ただCDやDVDなど割れやすい物の場合は、配送中のトラブルも予想できるのでダンボールに緩衝材を入れておくことをおすすめします。

 

CD/DVD・レコードなどの収納なら「屋内型トランクルーム」がおすすめです。
「CDやDVD、レコードが邪魔!」 「だけど、大事なものだから売りたくない。」 と困っていませんか? CDやDVDは捨てずに集めて保管するものなので、気がつくとダンボール箱一杯になってしまいます。 クローゼットも...

 

趣味のコレクションや人形・アニメフィギュアは「屋内型」がおすすめ

趣味のコレクション人形

趣味のコレクションや人形・フィギュアの保管には屋内型トランクルームがおすすめです。

理由としては、「盗難とカビを防げること」です。

屋内型はビルなどの建物に入っていることもあり、セキュリティ面は安心です。
スタッフの常駐、入場時のセキュリティカード認証や契約ルーム以外の階層への入場制限など盗難を防止する対策はバッチリです。

またカビ対策も屋内型の方が湿度管理ができるため安心です。
屋内型トランクルームでは湿度温度を一定に保つように設定している店舗が多くあります。

一方、屋外型はこれらの対策が無いことがほとんどです。
防犯カメラやLEDライトでの対策はされていますが、屋内型よりも防犯面はやや弱いと言えます。

また外気にさらされることになるのでコンテナ内部の湿度は管理されません。
そのため結露やカビなどで汚れてしまうことが懸念されます。
大事な趣味のコレクションや人形、フィギュアですから、汚れやカビ臭くなることは防ぎたいですね。

特に屋内型の「防犯面がしっかりした店舗」「湿度管理がされている企業」を選ばれると良いでしょう。

 

おすすめの業者は

おすすめの業者は「キュラーズ/TRUNK/AIR TRUNK」です。
「キュラーズ」は屋内型のトランクルームで、入退場時のセキュリティや警備システムが万全なので安心して利用できます。
また温度や湿度の管理もされているのでカビやすいものの保管にも向いています。

「TRUNK」「AIR TRUNK」は郵送できるサービスとしておすすめです。

 

人形やフィギア・趣味のコレクションの保管には「屋内型トランクルーム」を利用されるとおすすめです。
「大事な趣味のコレクションの置き場が無い」 「家に置いていると捨てられるかもしれないし、不安だから預けたい」 と困っていませんか? 趣味のコレクションって意外と場所を取りがちで棚やスペースがすぐに無くなってしま...

 

高級ブランド品は「屋内型」がおすすめ

高級バッグなどのブランド品の保管は屋内型がおすすめです。

理由としては、「セキュリティ面がしっかりとしているから」です。

屋内型はビルなどの建物に入っているため、防犯カメラやセキュリティカードでの入退場記録など安全性がしっかりとしています。
また湿度の管理をされている店舗もあり、カビや結露などの心配も少なくなります。

一方、屋外型は防犯カメラや夜間ライトがありますが、コンテナの壁を除いてむき出しになっている状態でやや心配です。
また通気孔があっても湿度管理がされていないので、結露やカビの心配があります。

 

そのため高級ブランド品などを収納するには「屋内型」がおすすめになります。

特に屋内型の湿度管理がしっかりとされている店舗、防犯面がしっかりとした場所がおすすめです。

 

おすすめの業者は

おすすめの業者は「キュラーズ/TRUNK/サマリーポケット/AIR TRUNK」です。
「キュラーズ」は温度や湿度管理がされており、セキュリティカードでの入退場管理やスタッフの巡回などセキュリティ面も安心です。
ブランド品など高価な物も安心して収納できます。

また「TRUNK」「サマリーポケット」「AIR TRUNK」は郵送型のサービスです。
自宅に居ながらダンボール箱を注文すれば、集荷までしてくれるので非常に楽です。
「バック1つだけ預けたい」など少量の収納であれば、こちらの郵送型の方が安く済みます。
またこれらのサービスはいらなくなったアイテムを出品できるサービスもあるので、ブランド品を売却したいと思われた方におすすめです。

 

企業法人の書類・資料は「屋内型」がおすすめ

企業の書類や資料の保管には屋内型のトランクルームがおすすめです。

理由としては、「アクセス(立地条件)が良く、また防犯面が安心であるから」です。

屋内型はビルなどの建物の全フロア、または一部に入っています。
企業の多い都市部では、駅から近くアクセスの良い立地や幹線道路沿いにあるなど利用しやすくなっています。
会社の近くにあれば、数十分で資料や書類を取り出すことも可能です。

また屋内型トランクルームは建物への入退場記録・防犯カメラなどセキュリティ設備もしっかりとしています。
企業の書類を保管される場合はこのようなセキュリティ設備がしっかりとされているところを選ぶと良いでしょう。

しかし、屋内型でも郵送型はおすすめできません。
郵送型には郵送物の確認作業が一部であるため、企業の書類や資料など機密性が高い物は向いていません。
屋内型でも預け入れ物の確認作業が無いこと・自分で物を搬出入するタイプを利用されると良いでしょう。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「REISEBOX/キュラーズ」です。
この2社は入場時のセキュリティ認証や防犯面がしっかりとしており、資料等の預け入れには向いています。

 

会社の製品在庫の保管は「屋内型」がおすすめ

企業の商品在庫などの保管は屋内型がおすすめです。

理由としては、「温度湿度が管理されており、カビの心配が少ないこと」です。

屋内型は温度や湿度の管理がされているものが多く、在庫の保管にも安心して利用できます。

一方、屋外型は温度変化は外気+-5℃前後ですが、湿度の影響を受けやすい傾向にあります。
そのためカビや結露などの影響を受けやすい商品在庫については屋外型コンテナでの保管は向きません。

温度や湿度を管理しないといけない商品在庫は屋内型であること、さらに温度湿度が管理されたトランクルームを選ぶ必要があります。

ただ一部の在庫、例えばガーデニング用品のような屋外保存が可能なものについては屋外型のコンテナなどでも十分です。

おすすめの業者は

おすすめの業者は「REISEBOX/キュラーズ/ハローストレージ」です。
「キュラーズ」は温度や湿度の管理がされており、セキュリティ対策も抜群です。
「REISEBOX」は温度や湿度の管理がされていない店舗がありますが、セキュリティ対策がしっかりとされています。
湿度やカビに強い物ならばREISEBOXもおすすめです。
また屋外でも商品在庫であれば「ハローストレージの屋外コンテナ」もおすすめです。

 

会社の資料や書類の保存なら「屋内型トランクルーム」がおすすめです。
「書類や資料の保管場所がない!」 「オフィスが書類で溢れかえっている」 と困っていませんか? 実は企業での収納に困るものが書類や資料です。 従業員は「いつか必要になるかもしれない」と捨てることができませんから、日に日...