【実際に私が使った口コミ】MONOLESS(ものレス)は安く利用できるのでおすすめです。

実際に私が「MONOLESS(ものレス)」を使って感じた口コミを紹介します。

良いところと悪いところ、申し込み方法なども合わせて紹介していますから、ご参考にどうぞ!

【実際に私が使った口コミ】MONOLESS(ものレス)は安く利用できる収納サービス

実際に私が「MONOLESS(ものレス)」を使ってみた口コミとしては「安く利用できる収納サービス」だと思います。

もうちょっと他にも紹介したい点があるので、具体的にまとめるとこのようになります。

【使ってみて分かった】私の正直な口コミ

良かった口コミ

  • 月額料金が333円と安い
  • 専用のテープが付属しているのでガムテープが節約できる

悪かった口コミ

  • ダンボール箱に記載する「箱番号」「タイトル」が少し面倒
  • ダンボール箱が有料(300円)

私が実際に使ってみて感じた口コミとしては「MONOLESS」は月額333円から利用できるサービスで、安く始められる収納サービスだということです。
ダンボール箱も大きいですから、結構詰め込まないと一杯になりません。
他のコンテナボックスやトランクルームに比べると、破格な値段で利用できるので小物の収納には大変便利です。

ただ「専用ダンボール箱が有料」「ダンボール箱に箱番号とタイトルを記入する必要がある」のでここがやや面倒くさいと感じました。

自宅にダンボール箱があれば専用ダンボール箱は不要ですが、300円ほどするのでここがやや残念なポイントかと感じました。
また荷物を入れるダンボール箱に集荷手続きの際に発行される「箱番号」「タイトル」を記載することがやや手間になります。
このダンボール箱の「箱番号」「タイトル」が集荷手続きで発行された物と一致しないといけないので間違って書くと大変かなと思います。

もちろんこれらを除けば十分良いサービスなので、収納に困っている方にはとてもおすすめです。
これだけ安くてたくさんの荷物を預けられる収納サービスはあまりありませんからね。

 

「MONOLESS」の特徴、ここが他とは違う

「MONOLESS」の特徴は「1箱333円から預けられるので非常に安い」ことです。

この画像のように、ダンボール箱も非常に大きサイズです。

MONOLESSのダンボールの寸法

これだけの大きさのダンボールを333円で預けられるサービスってそれほど無いと思います。
月額が安いので荷物を長く預ける予定の方には、結構便利なサービスです。

 

「MONOLESS」のメリット

月額333円と安い

上記でも書いたように、月額が安いです。
同業他社のTRUNKは500円なので、単純に計算して年間では約「2,000円」も費用での差額があります。(MONOLESS 333円×12 = 3,996円 TRUNK 500円×12 = 6,000円)

ダンボール箱も十分大きいので、とりあえず使ってみたいという初めての方にも大変おすすめです。

専用のテープも付いています

「MONOLESS」は気が利くサービスで専用のテープが2本入っています。
この画像のようにガムテープの代わりに使えます。

monolessに付いていたテープ

真ん中から端に向かって分かれるようになっており、これを使えばガムテープも少し節約できます。

「MONOLESS」のデメリット

ダンボール箱に記載する「箱番号」「タイトル」が面倒くさい

この「箱番号」「タイトル」をダンボール箱に記入する必要があり、これが少し面倒です。
「MONOLESS」はこの「箱番号」「タイトル」を照合して荷物を管理するので正しく書く必要があります。
この「箱番号」は集荷手続きの際にランダムで表示される複数桁の数字なのですが、画面をリロードしてしまうと別の数字になってしまいます。
番号が変わると書き直しなので、集荷手続きは少しスピーディーに作業しないといけません。

「タイトル」も箱に記載したものと同じくものを集荷手続き画面で入力します。

ダンボール箱が有料

同業者他社のTRUNKやサマリーポケットに比較すると、専用ダンボール箱が有料です。
300円の初期費用が必要ですから、月額が安いので長く利用すれば初期費用の300円分もすぐにカバーできます。

ちなみに縦横高さの合計が140cm以内であれば、自宅にあるダンボール箱でも可能です。
専用ダンボール箱を購入したくない場合は、普通のダンボールを使いましょう。

 

ここまでまとめると、「MONOLESS」はこんな方に向いています。

実際に使ってみた私の口コミから、「MONOLESS」がどんな人におすすめかを紹介します。

「MONOLESS(ものレス)」が向いている人
  • 月額が安いので、長く荷物を預けたい方
  • 自宅にダンボール箱がある方

MONOLESSは月額費用が安いため、長期的に利用されると他社と比較してその分安くなります。
同業他社はもちろん、屋内型トランクルームや屋外型コンテナと比較しても非常に料金は安いです。
ダンボールに収納できる荷物の量ならば、こちらのサービスを利用された方が安上がりでしょう。

また専用ダンボール箱は300円ですが、縦横高さの合計が140cm以内であれば自宅のダンボールでも利用可能です。
自宅にダンボールがあれば初期費用の300円が節約できます。

「MONOLESS(ものレス)」が向いていない人
  • 面倒くさがり屋な方

上記でも書いたように「箱番号」「タイトル」の記載がちょっと手間です。
面倒くさがりな方は少し嫌な作業になるかもしれません。

 

実際に「MONOLESS」を申し込む手順

1.新規無料登録からダンボール箱の申し込み

monolessの新規登録ボタン

まず「新規登録」をクリックして無料登録を始めます。

 

monolessの新規登録画面

次に名前やメールアドレスを登録し、パスワードを設定しましょう。
入力が終わったら「入力内容を確認」を押して、次の「登録」ボタンを押します。

 

monolessの新規登録完了画面

これでMONOLESSのアカウントが作れました。
次に「MONOLESSのダンボール箱」の発注を説明します。

 

monolessのダンボール箱発注画面

この画像のように、アカウントページ画面に移動したら「ご利用の流れ」の下に「箱を購入」とあります。
ここをクリックします。

 

monolessのダンボール箱お申し込み画面

この画像のように箱数を選択して、「次に進む」をクリックします。

 

monolessの住所登録

そして次は住所登録をします。
この登録している住所にダンボール箱が送られてきますので、入力後に「この内容で登録する」をクリックします。

 

monolessのダンボール発注内容確認画面

「届け希望日時」と「箱数の確認」をしたら「クレジットカード情報」を登録します。
そして、「この内容で依頼する」をクリックしましょう。

 

monolessのダンボール箱発注完了画面

最後にこの画面が出てきます。
これで箱の購入が完了しましたので、届くまで待ちましょう。

 

 

2.ダンボール箱到着と集荷依頼

MONOLESSのダンボール箱

ダンボールが到着しました。
ビニール袋を破いて、組み立てていきます。

 

MONOLESSのダンボール

まず裏側をガムテープや一緒に封入されているテープを使って補強します。

 

MONOLESSに預けた本

中に預け入れる物を入れます。

 

MONOLESSに預けられないもの

MONOLESSではこの画像にある物を預けることができません。

 

MONOLESSのダンボール箱

テープで補強して封入が終わったら、次は箱番号とタイトルを記載します。

 

MONOLESSのダンボールの箱番号とタイトル

この箱番号とタイトルは次の「集荷依頼」で解説する番号とタイトルを記載する必要があります。

以下で書き方を紹介します。

 

MONOLESSのダンボールの寸法

MONOLESSのダンボール箱は通常のダンボール箱とほぼ同じ大きさだと言えます。
同業ならTRUNKの方が値段が高い分だけ大きめになります。

 

集荷依頼の方法

MONOLESSのダンボール箱集荷依頼

集荷依頼の方法を紹介します。
【ボックス】→【預ける箱を登録】をクリックすると上の画像のようなページに移動します。
ここで表示される数字をダンボール箱の箱番号に記載します。(数字はランダムで表示され、リロードすると別の数字が出ます。)

タイトルもここに記載したものと同じものをダンボール箱に記載します。

画像に写真を登録すると届けた後にダンボール箱に何を入れたのかが確認しやすいくなります。
必要な方は画像をアップロードしておきましょう。

 

MONOLESSのダンボール箱集荷依頼

メモの内容は箱を複数預けた時に、役立ちます。
「CD/DVD」など預け入れた物を記載すると分かりやすいのでおすすめです。
入力したら「この箱を預ける」をクリックします。

 

MONOLESSのダンボール箱集荷依頼

この画面で料金の確認と支払い方法を入力し、「集荷依頼へ進む」をクリックします。

 

MONOLESSのダンボール箱集荷依頼

次に集荷希望日と集荷希望時間を入力します。
これで決定をすると「MONOLESS箱登録完了メール」が届き、集荷時間や箱番号が確認できます。

 

箱の取り出し方法

 

MONOLESSの箱の取り出し方法を紹介します。

MONOLESSの箱の取り出し方法

 

まず【ログイン】を行い、登録済みのボックス箱一覧から取り出したいボックスを選択します。

 

MONOLESSの箱の取り出し方法

次にボックスを選択したら、【この箱を取出す】をクリックします。

 

MONOLESSの箱の取り出し方法

お届け希望日を設定して、金額を確認して「この内容で取出す」をクリックします。

 

MONOLESSの箱の取り出し方法

この画面が表示されれば、取り出し依頼は完了です。
後は、届け日時まで待ちましょう。

 

「MONOLESS」を利用する時の注意点

預けられないもの

MONOLESSには以下の画像のように預けられない物があります。

monolessに預けられない物

こういった物は預けられないので気をつけましょう。
特に預けてしまいがちな和服や毛布などの高価な衣料品・貴金属などの貴重品が含まれていますので、これらを預けないようにしてください。

 

【結果】長く使うなら「MONOLESS」が良い

MONOLESSは月額が安いので長く使うにはおすすめです。
月額500円と300円台では1年間で約2,000円ほど違いますから、費用負担で選ぶならMONOLESSがおすすめです。

手続きがやや大変ですが、料金が安いので経済的に使うことができます。