ギターやバイオリン・トランペット・キーボードなど楽器の保管にはレンタル収納サービスが便利です。

「ドラムの置き場が自宅にない!」
「ギターを収納する場所がない」

と困っていませんか?

楽器は収納場所を多く必要とするので、自宅に保管されると意外と邪魔になります。

 

しかし、だからと言って思い出のギターや高額な楽器を捨てるわけにはいきませんから、収納場所が必要になりますよね。

そこで!このページでは「楽器の収納に困っている」方に向けて、おすすめの収納場所やその選び方について紹介していきます。

文章は長いのですが、最後までお付き合い下さい。

 

ギターやバイオリン・トランペットなどの収納は場所が無くて困ります

ギターやバイオリン、トランペット・ドラム・コントラバスなどの楽器は自宅に保管するとクローゼットや収納場所がすぐに埋まってしまいます。

この理由は楽器は物が大きいだけではなく、折りたたみが出来ない物が多く収納スペースを有効に使えないという欠点もあるからです。

「バンド活動が好きなのに楽器の収納って困ったな」と思われる方も多いのではないでしょうか?

 

実はそういった方は自宅で無理に保管されるのではなく、収納スペースを借りることができる「レンタル収納サービス」を利用されると便利になります。

このサービスがあると自宅の部屋やクローゼットがスッキリとするので、楽器以外の収納にもおすすめですよ。

 

楽器の収納には「レンタルトランクルーム」を使うとおすすめです。

ギターやバイオリン、キーボードなどの楽器の収納にはレンタルトランクルームを利用されることがおすすめです。

レンタルトランクルームとは、ビルのワンフロアや全フロアが収納スペースとなっており、月額いくらで1室を契約して荷物を保管できるサービスです。

このレンタルトランクルームには、ロッカータイプの小型な物から1帖から6帖ほどまで様々な大きさの部屋があり、お好きなサイズの部屋を借りられるのです。

このサービスを利用すると自宅で収納場所に困っているギターやバイオリン、キーボードなどの収納ができるので、部屋をスッキリとさせることができます。

 

なぜレンタルトランクルームがおすすめかというと「空調設備が付いている」からです。
収納スペースのレンタルには主に3種類あります。

  1. 屋外型コンテナボックス
  2. 屋内型レンタルトランクルーム
  3. 配送型レンタルトランクルーム

この中でも空調設備がある屋内型レンタルトランクルームが向いています。

屋外型コンテナボックスは通気孔がありますが、空調設備が無いため結露や湿気を含めた気象の影響を受けやすくなってしまいます。
配送型レンタルトランクルームはダンボールでの配送が主なため、ダンボール箱に楽器が入らないことがあり、サービスを利用できません。

屋内型レンタルトランクルームはビル内部にあり、空調設備がある店舗も多く、結露やカビなどが心配される楽器を預けるには1番最適です。

こういうことから、自分で運んで収納し取出すことができる「屋内型レンタルトランクルーム」が楽器の収納には向いています。

 

例えばこのように使うと良い

例えば、

  • フルートなど小さな楽器だけの収納であればロッカータイプの収納を利用する
  • ハープ・コントラバスなど大きな楽器は0.5畳サイズなどを契約する

といったように楽器やその他の物も合わせてどれだけ収納するのかによって、スペースを決められると良いでしょう。

 

その際の注意点

楽曲は保管環境が大切になるので、温度や湿度が管理されておりカビ対策がされている収納サービスを利用するようにします。

季節に温度や湿度変化のある「屋外型」はできるだけ避けることが必要です。
また空調が利いていない屋内型トランクルームも一部あるため、屋内型トランクルームだからと言ってすぐに契約せずに、カビ対策や湿度管理がされている企業・店舗を選ぶようにしましょう。

 

おすすめの収納サービスは「キュラーズ」

ここまで「屋内型レンタルトランクルーム」がおすすめだと紹介しましたが、その中でも「キュラーズ」というレンタル収納サービスが楽器の収納にはおすすめです。

沢山ある屋内型レンタルトランクルームの中でも、この「キュラーズ」の収納サービスは

  1. 湿度管理やカビ対策の空調設備がされていること
  2. 入退場管理などセキュリティが安心なこと
  3. 小型なロッカータイプのボックスがあること

ということから楽器を収納されるにはおすすめなのです。

 

まずは「キュラーズ」でご自宅近くに店舗があるかどうかをお調べになってみると良いでしょう。